クマ
サイトマップ
お問い合わせ

枕についてQ&A

よくあるご質問をQ&A形式で紹介します。

ご希望の項目をクリックしてください。

  • Answer

    まくらの肩口があたるくらいにして頭を乗せるのが、正しいあて方です。
    後頭部から首すじにかけての全体で頭部を支えるので、肩こり、首のこりを軽減します。

    枕の当て方

    詳しくは、【枕の正しい使い方】のページをご覧ください。

  • Answer

    もしかしたら合わない枕、枕の当て方が原因かもしれません。
    一度、正しい枕の当て方をお試しください。それでも改善されない場合は、枕の高さが合っていないのかもしれません。

  • Answer

    人がまっすぐ立ったときの姿勢を横からみると、首が前に出ています。これは人間が二足歩行になり、発達して大きくなった脳を支えるためで、そのために背骨の首部分にある頸椎は、ゆるやかなS字型を描いています。この頸椎部分(首すじ)のスキマを埋めることができるまくらこそ、安定感があり理想的なまくらです。

    良い枕

    高さ

    頭が沈み込んだときの高さが大切で、敷きふとんとのバランスで決まります。目安となる快適値は、頸椎部分が5~9センチ、後頭部が2~6センチ。高すぎるまくらは頸椎が圧迫され、イビキや肩こりの原因となります。アゴがあがってしまう高さも首筋部の筋肉に余計な負担がかかってしまいます。

    硬さ

    やわらかすぎると頭部が深く沈み接触面が大きくなるため、寝苦しくなりがちです。また硬すぎると接触面が少なく後頭部のみで支えるので首筋が安定しません。

    大きさ

    寝返りしても頭が落ちず、肩先までをしっかり保温するサイズは、横幅60センチ以上、奥行き40センチ以上です。

    素材

    熱がこもらず、汗を吸収・発散させる通気性のよいものが最適。洗濯できる衛生的な素材や、へたりが少なく型くずれしにくい素材が重要です。

  • Answer

    硬いもの、柔らかいもの…お好みは十人十色。ピロースタンドでは、硬さや触感の異なる素材の中から実際にお試しいただきながらお選びいただけます。お好みの感触でお選びください。

  • Answer

    ふとん同様にこまめに干したり、ふとん乾燥機を使って湿気をとるようにしましょう。素材によって日干ししてよいもの、かげ干しでなければいけないもの、洗濯機で丸洗いできるものなどがあります。取扱い絵表示を見て正しくお手入れしてください。

  • Answer

    あなたに合った枕の高さの測定から完成までの目安時間は約30分です。
    その日のうちにお渡しできます。

  • Answer

    ご購入後1年間は無料で再調整いたします。(1年以降は別途料金)
    ご購入いただいた店舗またはお近くのピロースタンドまでお問い合わせください。

  • Answer

    ギフトカードをご利用ください。
    お贈りいただいた方にご来店いただき、オーダーメイド枕を作らせていただきます。
    詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

    ギフトカード